読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここでサーブを打ちます

テニスをする王子様を中心に喋りたい

でんおー2巻

所謂ネタバレっていうやつもあるよ 2巻だよ

 

 

青い人登場〜!みんな大好き浦!!え?おたくは割とみんな好きなタイプでしょ?改めて本当に声帯のキャスティングが天才すぎてノーベル平和賞

登場初っ端から女性を虜にしていくわけですが、これは浦が良ちゃんの持っているポテンシャルを最大限に発揮させているのか浦ちゃんが憑いたらみんなイケメンさんになっちゃうのか気になるところですね。他の子の時はそんなことないから浦ちゃんの能力の一つなのかなぁ。でもある程度のお顔があれば女性は扱い方1つでなんとかなるような気もするし、浦に1回は誑かされてみたいなぁと夢見るわけです。

息をするように嘘を吐く彼を独自の世界観で一緒にいることを許す良ちゃん。やっぱり彼の中では判断というか色々な物事の基準はとてもしっかりしているんだよなぁ。実は大人だよね。

2巻はやけに「忘れること」について執着する良ちゃんが見られます。ここからきっと伏線ばちばちに張り巡らされているのでしょうね。最終回で間際で答え合わせが楽しみです。終盤はもう死ぬほど泣くことが見えてるけど!

個人的に2巻で最もグッと萌えた台詞は桃の「人の家土足で入り込みやがって!!!」です。ここ、みうらさんとのアンジャのコントみたいなやり取りも面白くて見所だと思います。が、改めて見て本当にこの台詞がほんとうにもう……!確かに良ちゃんがいないと居場所がないので家という表現は合ってるっちゃあ合ってるんでしょうけど、こう、良ちゃんを下に見てると思わせて衣食住っていう三本柱の1つであるという自覚もあるのかなぁって。言い方的にもただの家だって見下し感も強いんですけど、本質的には桃にとってかなり重要な存在なんじゃない!?と外野でやんややんやしたくなる。罪深い。

 

浦のライナーがイスルギなのってなんかあるのかなぁって調べてみたけどいまいち。今はもうない地名、宿場町、河港として栄えた、辺りから人と(女性と)接するのが上手くて水属性な辺りがちょっと絡んでくるのかなぁくらい?そんなに意味はないのかもなぁ。気になる!したところでおーしまい!次は金色?黄色?担当の人が来るかな!?

 

追記

 

 イスルギ、私のただの深読みだったみたいですね!4巻でりゅうたから解説きてた~!電光石火の頭文字からお名前取ってて、イスルギ=石動ってだけみたい!わはは!