読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここでサーブを打ちます

テニスをする王子様を中心に喋りたい

この先王子様たちが生き残るために

次のテニフェスはいつかなー!?大体2年ごとぐらいだよねー!そろそろ大きい箱でやって欲しいね〜!10周年で武道館になったから、20周年でもしかして箱広くなるんじゃない!?

……20周年もテニフェスをするにはどうすればいいんだ?

と、いうオタクの何気ない会話からちょっっっとだけ真剣に考えてみる。ちょっっっとだけね。ぶっちゃけ「円盤とコミックが売れる」が正解だと思うけどね。

 

そう、円盤とコミックが売れることが最低条件、そのあとで例えば新映画の興行収入が良いとかじわじわ出るグッズも一定数予約があったり売り場でも売れたりとか。最近のカフェ類の売り上げも今後のコラボカフェに影響して来そうだよね。円盤に関してはアニメもOVAも今は無いのでCDが無難なのかな。何だかんだ月一くらいで出てるしね。CDもただ売れるだけじゃなく初動とかランキングに食い込めるかが多分大事。ついラバストとかアクキーとか可愛いし、CDは痛バの足しにならないから買うの忘れがちだけど。でも今後の展開を考えたらCDの方が大事。例えば、学校別ライブとか1000曲マラソンとか次のテニフェスを願うなら。この辺は最近周知されてきたかな〜と思うけどまだまだなのかなぁ。

わたしは某一世風靡した6人兄弟にもハマった。あれだけ世間様を賑わせたのに、1〜2巻はめっちゃ売れたのに2期はなかった。3巻以降どんどん売れなくなって、最終は1巻の半分以下だったけど万は売ってた。1万超えると広告や商品化が増えると言われている。これはあちこちで連日発表されるグッズやコラボにおたくが東奔西走していたことからも分かる。実際、当時のわたしもわたしの周りもグッズをかき集めるのに必死だった。一時期アニメイトで特設コーナーはあれどグッズはほぼ売り切れで置いてない状態が続いていたくらいにはすごい人気だった。もしかしたら、グッズの売り上げに味をしめたのかもしれないし、もともと2期をする気が無かったのかもしれない。

同時期に某落語アニメもやっていた。わたしはそっちも好きだったから、ぶっちゃけ6人に話題を全部持ってかれてるのが悔しさもあった。いま、落語アニメは2期をやっている。グッズは6人のよりもずっと少ない展開数だった。

2期を決めるのは円盤がどれだけ売れるかにかかっていると言われている。売れても2期がなかった6人のような例もある(けど原作がない単発アニメだと言われたらぐう音も出ない)。正直このご時世アニメなんてどうなるか分かったもんじゃない。でもテニスはOVA化も新シリーズアニメ化も経験してきている。だから、私はコミックもCDも買うしテニフェスの円盤も買う。

 

もう1つはどれだけ一般人・新規・離れたオタクを取り込めるか。

同時期にWJで連載していた漫画で、ONE PIECEとかNARUTOとか銀魂とかBLEACHとかがあると思う。この辺とテニプリの違うところは一般人気が高いこと。よくあるネタで「ワンピース好きなんだ〜!には一般人とオタクの間に深い溝があるから気をつけろ」がある。テニスの王子様を知ってる人は多いだろうけど、そう言った好きのラインナップに、ONE PIECEと一緒にテニスの王子様が並ぶことは正直ないと思う。いわゆる国民的アニメには現状なり得ない。(認知度的にはいい勝負だと思うけど!)

ONE PIECEはまだアニメやってるからちょっとまた違ってくるけど、一般人気があるということはテレビでやってれば見る人がいて、しかもその時間帯が良ければ子どもたちからの人気も得られて、そうするとオタク以外にも商品を買う層が出てくる。オタク向けの深夜アニメや雑誌で連載しているわけじゃないから、オタクではない層からの支持があるのは大きい。

テニスもアニメをやっていた当時は夜の7時とかに放送していたから子どもたちからの支持もあっただろうが、正直今はやってないし連載もWJじゃないし、当時程ではないと考えられる。ただラジオを聴いていると中高生女子からのメールとかもあるから、じわじわと新規のファンも増やしているのも分かる。昔からテニスは少年漫画だけど女性人気が高い作品だからまぁ少年からの支持が女子に比べて少ないのは仕方あるまい。その辺はREBORNにちょっと似ているなぁと思う。リボも女性人気が高くて、どこがとははっきり言えないけどこう何となくオタク向けな作品だ。こちらはもうとっくに完結して、今年10周年のブルーレイボックスだね!おめでとう!買います!

話は逸れたけど、オタク同士でよく「まだ若い子もテニスにハマってくれてるの嬉しすぎる;;」「このままならテニスは安泰だ;;」って話す。古参だけではやっていけなくなる時が来る。だから、新しく好きになってくれる人が欲しい。許斐剛というハッピーメディアクリエイターが創り出すこのとんでもなく幸せな世界を堪能してほしい。いやまじで他ジャンルに移れなくなるから。オタクに優しすぎる。

そう、昔よりずっとずっとテニスはオタクに優しい世界になった。だから、何らかの理由で抜けてるオタクにもぜひ戻ってきて欲しいとおもう。

 

みんなでハッピーな世界で生きようぜ!(打つのめんどくさくなったのでとりあえず終わり!)